contact Conserval about a SolarWall today!


You are here: 製品 > ソーラーウォールPV/T > ソーラーダクトPV/T

ソーラーダクトPV/T - (ソーラー暖房+太陽電池が同一受光面で一体化)

SolarDuct PV/T rendering solarwall panels solar heat and pv electricity green technology

ソーラーダクト®PV/Tは太陽光発電/熱技術の屋根用モジュールであると同時に、太陽電池の取付台を兼用。ソーラーダクト上に太陽電池モジュールを取付け、裏側の熱をソーラーウォールが回収して直近の屋根エアハンドラーにダクトで送ります。余剰熱はエアハンドラーから空調設備に入り、暖房エネルギーとして利用。パネル裏側の熱の除去により太陽電池の発電効率が最大10%向上します。また太陽電池モジュールの取付台を兼ねることで、コジェネシステム全体のコストを合理化。設置の容易なモジュール式だからこそ、理想的な方角と角度で太陽エネルギーを最大限に取得することが可能です。

ソーラーダクト®PV/Tの性能

  • SolarDuct PV/T photo太陽電池の投資回収期間の短縮
  • 熱電併給
  • 総合運転効率、50%以上
  • 太陽電池を空冷し、温度上昇による出力低下を軽減
  • どんな太陽電池モジュールにも対応
  • ソーラーウォール集熱パネルは太陽電池の取付台を兼用
  • 理想的な方角、角度に設置可能。ソーラーゲインを最大化
  • 暖房と電力のコスト節約
  • CO2 排出量を大幅削減

集熱

SolarDuct PV/T tech drawing太陽電池モジュールの効率は一般的に8-15%。残りの太陽エネルギーの大半は熱となって消散し、建物に何の恩恵ももたらしません。逆に太陽電池モジュールの裏側に熱が蓄積し、定格出力温度(25°C)を超えると、1°Cにつき0.4-0.5%ずつ発電出力が低下します。屋根温度は90°Cに上ることもあり、太陽電池の運転効率が定格出力を大きく下回る場合も多くなります。太陽電池単体設置の場合、初期投資が大きい割に供給エネルギー量は小さいため、投資回収が非常に長期に及びます。PV/Tコジェネ技術は、通常の商工業用途、公共建築用途で太陽電池の採算性を確保するソリューションに他なりません。

 

numrows didn't evaluate to > 0There was an uncatched exception
Call to undefined function eregi()
in line (92) of (/modules/Brax_HighSlide_Gallery_B/view.php):